真珠のお手入れは?

一生ものといわれる「真珠」ですが、長ーく使っていただくためには

やはり「お手入れ」は欠かせません。

真珠

真珠は、「汗」や「ほこり」が付いたままにしておくと、照りが弱くなってしまいます。

また、「紫外線」や「熱」にも弱く、表面の色にも影響を与えてしまいます。

 

お手入れには、「やわらかく乾いた布」でやさしく真珠の表面の汚れをふき取って

あげてください。

特に「汚れ」が気になった場合は、「ぬるま湯で硬くしぼった布」で汚れをふき取って、

必ず「乾いたやわらかい布」仕上げに拭きあげてください。

特に真珠と金属の接触部分も汚れが残りやすいので、丁寧に拭き取ってください。

 

保管場所は光が当たらなくて、温度が高くならない場所に、

他の硬いものなどがぶつかって「キズ」がつかないように

大切に保管してください。

ほかにも乾燥し過ぎても、湿気が多くあり過ぎても良くありませんから

ご注意ください。

 

「えー、なんか めんどくさい!」 と言われそうですが、

「価値」も「値段」も高いものですから、ずーっと長く使うためには

少しの時間を使って、「使用後は必ず拭く」 という習慣をつけて

いってはいかがでしょうか。