指輪の位置に意味あるの?

「左手薬指」に着けたときの指輪は、婚約相手や結婚相手がいると

いう意味になると思うのですが、全部の指に意味があるとは・・・。

真珠の指輪

実は、全部の指に指輪の着ける「意味」が込められていたんですね。

左手 右手
親指

目標を達成させて

信念を貫く効果

指導力を発揮、行動力や

権威を持続させていく効果

人差し指

精神力や積極性を

高めて叶える効果

集中力や指導力や

行動力が高まる効果

中指

協調性や察知力で

人間関係改善に効果

行動力、迅速力で運気を

上げる効果

薬指

愛や絆を深めて、

思いを叶える効果

心の安定と直観力、

想像力を高める効果

小指

恋のチャンスを

引き寄せる効果

自分の魅力を発揮して

アピールする効果

 

このように、指輪のつける位置でいろいろな「効果」があるんですね。

自分の叶えたいことを実現するために、いろいろ試してみるのも

いいかも知れません。

「真珠」には、守護のパワーが強いということなので、「お守り」としても

いいですね。

 

ちなみに「足の指」にも着ける意味はあるのでしょうか?

「手の指10本」「足の指10本」と全部の指に指輪を着けると

「全部の効果」「2倍の効果」 あるのかな・・・?。

 

指を動かすときに指輪があることで、動かしにくくなって

逆に「運気」がどうなんでしょうか・・・。

いや、逆に逆にいいかも・・・?。

 

あこや真珠のパール専門 寿恵花